記憶

 

 

 

今でもハッキリと覚えている小さいころの出来事とか、言葉ってあるよね。

 

 

苦い思い出や~って口に出して話せることから、今でも口に出したくない思い出もあったり

 

 

 

小さくても大人になっても傷付く心や羞恥心、悲しむ心や喜ぶ心とかって誰しもがしっかりと持ち合わせていて

 

直せる癖とか行動を指摘されると、ズキッよりも、恥ずかしい!って記憶に残ることの方が多いけど、

 

見た目のことや育った環境のことだったり、どうにもならないコンプレックスに触れられたりすると子どもだろうが大人だろうがズキッとする

 

 

 

小さな体でも心はしっかりあるというか、体が小さい分、心が占める割合が大きいのか、今やったらどうってことないことでも経験値が少ない分すっごく悩んだり傷付いたりするのかも…?

 

 

 

 

幼い頃あった嫌だったことや言われて傷付いたこと、逆にすっごく嬉しかったこととか今でも覚えていること、みんなもありますか?

 

 

 

 

 

私は、年々昔のことがぼんやりとしか思い出せなくはなってるんやけど←(夢で見た話か現実であった話か分からなくなる)

それでも印象的なことはやっぱり今でも色々覚えてて

 

 

 

 

走ってる車から落ちた時のこととか(※奇跡の無傷)

頬骨陥没骨折した時のこととか(今でも笑うとちょっとエクボみたいにヘコむ)

痛~い記憶から

 

 

アンビリーバボで口裂け女の話を見た次の日から一人で外に出られなくなった&引くほど怖がりになった(今でも) 怖い記憶や

 

 

妹のお尻にバッタが挟まってたこととか笑笑

お姉ちゃんとピアノの連弾の練習中ケンカして私が譜面をビリビリに破ったこととか(姉がテープ貼って直してくれた笑)

カメムシ手で潰してしまった時のこととか(カメムシが一番嫌いな虫)

些細な日常の中で印象に残ってることもた~くさんある中

 

ここに書けることから書けないことまで

悩んだり辛かったこともあって

 

 

 

 

例えば

私が4歳の頃、保育園でスカート(キュロット)を履いてると絶対に3人くらいの男の子が何故か私にだけ「パンツ見たろぉ~」とか言ってスカートの中を覗き込もうとしてきて(笑)

 

 

逃げても逃げても追いかけられるし、当時の私はそれが本当に本当に本当に嫌で、なんかすっごく怖くて恥ずかしくてどうしたらいいか分からんくて、けど相談出来なくて一人で悩んで、

 

 

ある日、勇気を出してお母さんに、

「明日から長ズボン履きたい!」

って言って

 

 

三姉妹やし長ズボンなんて冬用の1、2枚しか無かったし初めはお母さんも、えーなんでー?って感じやったんやけど、

 

 

絶対ズボンじゃないと嫌や!!!長ズボンじゃないと嫌!!!!半ズボンも絶対嫌!ってあまりにも必死に言うから、分かったって次の日から長ズボン履いて行くようになって笑

 

 

初めて長ズボンで行った日は、いつも覗き込んでくる男の子が、いつものように覗き込む姿勢しながら

「あれ~?今日は見えへんなぁ~!」って言ったあとはもう覗き込まれることもなく、すっごくホッとしたの覚えてる。笑

 

 

 

今思えば大したことない小さい子のじゃれ合いみたいな感じで、可愛らしい話というか、好きな子をからかったり女の子への興味?みたいなものやったのかもしんけど

 

当時はもう、なんで私だけ?!ってほんまにめっっっっちゃ嫌やったし恐怖やし悩んだのを今でも覚えてる。

 

 

 

 

あと、私は小学生の途中までおじいちゃんと仏壇のある部屋で寝ていて、寝る前にいつもおじいちゃんが仏さんを拝んでから寝ていたから私もいつも一緒に拝むのが日課になってて、

 

 

小学生の頃、あまり触れられたくない見た目のコンプレックスをあだ名に呼ばれることがあって(全く悪気なく)、

その場では笑いながらも、毎日寝る前に仏壇に手を合わせて

 

今日も一日ありがとうございました。明日も家族みんな健康で幸せに暮らせますように。学校で○○って言われませんように。」

 

って毎日お願いしてから寝てたこととか。

 

 

 

 

あとは逆に、

(これも保育園のときなんやけど)給食で大嫌いなオカズがあって、それが出た時にお箸で机の下からこっそり全部床に投げ捨てたことがあって(笑)

 

 

それが見事に一人の男の子の机の下付近に全部落ちて、それを見つけた先生はその男の子が捨てたと思って、

 

”何してるんやー!!ちゃんと食べなさい!!”

 

ってその男の子の器にそのおかず大量に盛られて

 

 

その男の子は初めは、「僕、食べてる!!」って先生に言うも、その子の机の下に見事に全部落ちてるから信じてもらえず。

 

 

あろうことかその時の私は反省するどころか、”バレなくて良かった~、あんなに沢山盛られてたら地獄やった~”なんて思いながらそのまま彼に濡れ衣を被せてしまいました、、、

 

 

今思うとまぢで申し訳ない、、、

 

ほんまにごめんよ、、だ◯◯◯君、、、、

 

 

 

きっと当時私のパンツを覗き込んでた男の子たちが、私がそれほどまでに嫌がっていて今でも覚えてるなんて思ってないと思うけど、それと同じように私がしたことが、だ◯◯◯君にとっては今でもすっごく嫌な思い出になってるかも、、、

 

 

 

 

されて嫌やったことはもちろんやけど、自分がしたことや言ったこと、とっさに口にしてしまってから”うわっ傷付けてしまったかな?”って後悔したけど謝れなかったこととか結構鮮明に覚えていて、未だに思い出すと心痛んだり。。。

 

 

 

きっと自分が傷付いていたように、私も色んな子をたくさん傷つけたやろなぁーと思う、、、

笑いながら言った言葉で、誰かの心にズキッと刺してしまったことあったやろうな。

 

 

逆に何気なく言った言葉とか褒めた言葉でめっちゃ喜びを与えたこともあるかもしれんけど^_^

 

 

 

 

ちなみに私が歌が大好きになったきっかけも、

元々自分の歌には自信なくて(昔ラジカセとかに歌録ったりして遊んでた時に、何気なく姉に「お前の歌気持ち悪い」(笑笑笑笑)って言われてから自信喪失してた)

 

小学生の頃に親族達とカラオケに行った時に

 

「まお歌上手いと思うでーー」

 

って一言、何気なく言われてお世辞かもしれんけどそれがめっちゃ嬉しくて

 

 

そこから、”私、歌上手いんや!!!”って図に乗ってノド自慢とか出だして、、、、、、って感じで今に至ってる。

 

 

 

 

 

幼いころの嬉しい記憶や嫌な記憶って大人になってからも鮮明に覚えているし、小さい頃の経験とかが将来に繋がることっていーっぱいあるし、

 

Swimy,のライブにも小さい子が来てくれること結構あるので、その子達にとってSwimy,がキラキラした輝いた思い出になってくれたらいいなぁー!!!(大きくなってからもずっと聴いてくれたら最高やなー泣けるなー)

 

 

 

 

 

ライブに来てくれる少年の中から

「初恋はSwimy,のまおさんです!」って子が出来るのを目標にしたいと思います。(なんか着地点が違う気もする)

 

 

 

 

 

では最後に

長ズボンになる前の私と

 

長ズボン生活後の私

卒園式

 

画質悪いけど笑顔がなくなってるのが分かる笑笑笑(※明るい子でした)

 

 

 

じゃあ、またね~
twitter    instagram   バンドプロフィール  discography ドメイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。


    


 HOME 

©Swimy, All Rights Reserved.